ケンブリッジ英語検定 Cambridge Englishケンブリッジ英語検定 Cambridge English

試験内容・サンプル問題

一般英語と中高生対象:ケンブリッジ英検

キー(Key):KET / KET for Schools(上初級 – CEFR:A2)の試験内容 (計 約1時間50分)

問題用紙の種類 内容 測定される力
Reading & Writing
リーディング&ライティング
1時間10分
配点:全体の50%
パート1~5:標識や看板の読み取り/短文の空所適語補充/質疑応答文完成、会話文の空所適文補充/長めの英文の読み取り/短い英文の空所適語補充
パート6~9:定義文が表す語を書く/短い英文の空所に適切な語句を書く/メモやメールなどを読み、情報をまとめる/メールなどを読み、25-35語で返信文を書く
標識や看板、新聞や雑誌などのような簡単な文章を読んで理解する力。
Listening リスニング
約30分
配点:全体の25%
パート1:短い会話文を聞いて内容に合う絵を選ぶ
パート2:長めの会話文を聞いてリストをマッチングさせる
パート3:長めの会話文を聞いて内容に合う選択肢を選ぶ
パート4:長めの会話文を聞いて、情報をまとめる
パート5:長めの英文を聞いて、情報をまとめる

ゆっくり話される、アナウンスや英文を聞いて理解する力。

Speaking スピーキング
約8-10分/受験者2名のペアで受ける対面式テスト
配点:全体の25%
パート1:試験官との質疑応答
パート2:カードを読み、ペアの受験者の質問に答える/カードに不足する情報を得るためにペアの受験者に質問する
簡単な質問を投げかけたり答えたりし、対話をする力。

プレリミナリー(Preliminary):PET / PET for Schools(中級 – CEFR:B1)の試験内容(計 約2時間12分)

問題用紙の種類 内容 測定される力
Reading & Writing
リーディング&ライティング
1時間30分
配点:全体の50%
パート1~5(Reading):メモやメールなどの読み取り/短文と人に関する記述のマッチング/長めの英文を読んで、正誤を判断する/長めの英文の読み取り/長めの英文の空所適語補充
パート1~3(Writing):同意文完成/いくつかの情報を伝えるための短いメッセージを書く(35-45語)/手紙文または物語のいずれかを選び、約100語で書く
新聞や雑誌などの文章を読み、要点を理解する力。適切な語彙や文法を用いて、短いメッセージや100語程度の手紙もしくは物語を書く力。
Listening リスニング
約30分
配点:全体の25%
パート1:短い会話文や英文を聞いて内容に合う絵を選ぶ
パート2:長めの英文やインタビューを聞いて内容に合う選択肢を選ぶ
パート3:長めの英文を聞いて、情報をまとめる
パート4:長めの会話文を聞いて、正誤を判断する
日常生活に関するアナウンスやインタビュー、ディスカッションなどを聞いて理解する力。話者の態度や意図を識別する力。
Speaking スピーキング
約10-12分/受験者2名のペアで受ける対面式テスト
配点:全体の25%
パート1:試験官との質疑応答
パート2:ある状況についてもう一人の受験者と会話する
パート3:写真の状況をもう一人の受験者に説明する
パート4:パート3に関連したテーマについて、もう一人の受験者と意見を交わす
質問をやりとりしたり、好き嫌いについて話したりして、対話をする力。

ファースト(First): FCE / FCE for Schools(上中級 – CEFR:B2)の試験内容(計 約3時間29分)

問題用紙の種類 内容 測定される力
Reading & Use of English
リーディング&文法・語彙
1時間15分
配点:全体の40%
パート1~4:中文の空所適語補充(選択)/中文の空所適語補充(記述)/語形変化/同意文完成
パート5~7:長文の読み取り/長文の空所適文補充/各設問に該当する英文のマッチング
新聞や雑誌、物語などさまざまな文章を正確に読み、すばやく概要をつかむ力。語彙や文法の運用力。
Writing ライティング
1時間20分
配点:全体の20%
パート1:与えられたアイデアと自分のアイデアを用いて140-190語のエッセイを書く
パート2:記事、メール、手紙、エッセイ、書評、物語など、4つの選択肢から1つ選んで140-190語で書く
手紙や報告書、エッセイなど異なるタイプの文を適切な文体で書く力。
Listening リスニング
約40分
配点:全体の20%
パート1:それぞれ独立した内容の英文あるいは会話文を聞き、内容に合う選択肢を選ぶ
パート2:長文を聞いて、情報をまとめる
パート3:関連する5つの短い英文を聞き、内容に合う選択肢を選ぶ
パート4:インタビュー、もしくは2人の会話文を聞き、内容に合う選択肢を選ぶ
ニュース番組やプレゼンテーション、日常会話などを聞き、概要や詳細情報をとらえる力。
Speaking スピーキング
14分/受験者2名のペアで受ける対面式テスト
配点:全体の20%
パート1:試験官との質疑応答
パート2:2枚の写真を見て各受験者が約1分間説明する。写真の内容について試験官がもう一人の受験者に質問をする
パート3:もう一人の受験者とともに互いの意見を調整して意思決定する
パート4:パート3に関連したトピックについて議論する
発音、文法および語彙の駆使力。自分の意見をまとめ、意見を交換する力。

※2014年12月まで Reading(リーディング)とUse of English(文法・語彙)は別々に実施されていますが、2015年1月より上記のとおり統合して実施。

アドバンスト(Advanced): CAE(上級 – CEFR:C1)の試験内容 (計 約3時間55分)

問題用紙の種類 内容 測定される力
Reading & Use of English
リーディング&文法・語彙
1時間30分
配点:全体の40%
パート1~4:中文の空所適語補充(選択)/中文の空所適語補充(記述)/語形変化/同意文完成
パート5~8:長文の読み取り/短文と記述文のマッチング/長文の空所となった複数の段落に入れるのに適切なものを選ぶ/各設問に該当する長文あるいは複数の短文のマッチング
フィクションや新聞、雑誌など、複雑な内容の文章を正確に読み、含意を把握できる力。語彙や文法の運用力。

Writing ライティング
1時間30分
配点:全体の20%
パート1:条件に基づいて主張と根拠となる理由を述べながら、220-260語でエッセイを書く
パート2:手紙、提案書、報告書、書評(批評)等、3つの選択肢から1つ選んで220-260語で書く
エッセイや提案書、報告書など異なるタイプの文を適切な文体で書く力。
Listening リスニング
約40分
配点:全体の20%
パート1:会話文を聞き、内容に合う選択肢を選ぶ
パート2:長文を聞いて、情報をまとめる
パート3:インタビューや複数名のディスカッションなどを聞き、内容に合う選択肢を選ぶ
パート4:それぞれ独立した内容の英文を聞き、内容に合う選択肢を選ぶ
インタビューやラジオ放送、プレゼンテーションなどを聞き、概要や詳細情報、話者の意見や態度、感情をとらえる力。
Speaking スピーキング
15分/受験者2名のペアで受ける対面式テスト
配点:全体の20%
パート1:試験官との質疑応答
パート2:複数の写真を見て各受験者が約1分間説明する。写真の内容について試験官がもう一人の受験者に質問をする
パート3:情報が記載されたカードをもとに受験者間でディスカッションを行い、意見を調整して意思決定する
パート4:パート3のトピックに関連して、自分の意見の正当性を説明したり、さらに深い議論を行う
発音、文法および語彙の駆使力。自分の意見をまとめ、議論を始め、持続させる力、交渉して結論に達する力。

※2014年12月までReading(リーディング)とUse of English(文法・語彙)は別々に実施されていますが、2015年1月より上記のとおり統合して実施。

プロフィシエンシー(Proficiency): CPE(特上級 – CEFR:C2)の試験内容 (計 約3時間56分)

問題用紙の種類 内容 測定される力
Reading & Use of English
リーディング&文法・語彙
1時間30分
配点:全体の40%
パート1〜4:中文の空所適語補充(選択)/中文の空所適語補充(記述)/語形変化/同意文完成
パート5〜7:長文の読み取り/長文の空所となった複数の段落に入れるのに適切なものを選ぶ/長文を読み、記述の内容に合う段落を選ぶ
文学作品や専門的記事、マニュアルなど、高度な内容の文章を正確にすばやく読みとる力。
Writing ライティング
1時間30分
配点:全体の20%
パート1:2つの短文(約100語)を読んで要旨をまとめ、240-280語でエッセイを書く。
パート2:記事、手紙、報告書、エッセイ、書評の5つの選択肢から1つ選んで280-320語で書く。
エッセイや報告書、批評など異なるタイプの文を適切な文体で書く力。
Listening リスニング
約40分
配点:全体の20%
パート1:3つの短い抽出文を聞き、内容に合う選択肢を選ぶ
パート2:長文を聞いて、情報をまとめる
パート3:会話文を聞いて、内容に合う選択肢を選ぶ
パート4:それぞれ独立した内容の英文を聞き、内容に合う選択肢を選ぶ
講義やスピーチ、インタビューなどを聞き、概要や詳細情報、話者の意見等をとらえる力。
Speaking スピーキング
16分/受験者2名のペアで受ける対面式テスト
配点:全体の20%
パート1:試験官との質疑応答
パート2:もう一人の受験者とともに試験官が示す写真に関するタスクに取り組む
パート3:情報や質問が記載されたカードをもとに、受験者はそれぞれ自分の考えを述べる。その実生活に関連したテーマについて、試験官、受験者の3者間でディスカッションを行う
発音、抑揚、発話のスピード。自分の意見をまとめ、議論を持続させる力、交渉力。