ケンブリッジ英語検定 Cambridge Englishケンブリッジ英語検定 Cambridge English

入試活用校

ケンブリッジ英語検定は、海外のトップ大学の入学資格、ヨーロッパを中心とした企業や政府などでも英語力を証明する試験として評価されるなど、国際通用性の高い試験です。日本の大学への進学に際しても、ケンブリッジ英検を入試に活用する動きが広がっています。

日本国内の大学入試でケンブリッジ英検が活用できる大学一覧

※2016年11月現在の情報です。くわしい内容は各大学の入試要項などを必ずご確認ください。
※海外大学での活用状況は、ケンブリッジ大学英語検定機構のグローバル・オンライン・データベース(ケンブリッジ英検を認定している機関のデータベース)をご参照ください。

活用事例

ケンブリッジ英語検定は、海外のトップ大学の入学資格、ヨーロッパを中心とした企業や政府などでも英語力を証明する試験として評価されるなど、国際通用性の高い試験です。日本の大学への進学に際しても、ケンブリッジ英検を入試に活用する動きが広がっています。

かえつ有明中学・高等学校

かえつ有明中高は、教科横断型カリキュラム“サイエンス”という体験的アプローチによる授業を設けたり、帰国生が全校生徒の2割を占めるなど、グローバルな視点での教育プログラムが充実した私立中高一貫校です。同校では、英語のAdvanced Classにて、英語教科書『NEW TREASURE』を用いて英語力の土台となる文法や語彙、読解力をしっかりと身につけつつ、ケンブリッジ英検の対応授業を並行することで、英語のコミュニケーション力向上を図っています。

[ Why did you choose the PET test for the Advanced Course? ]

かえつ有明中高のイアン・ダニエルズ先生に、ケンブリッジ英検を授業に取り入れた理由や利点をお話しいただきました。


[ 対象 ]

対象クラス Advanced Class(一般生を対象とした英語クラス。中学2年生の最後に英検準2級レベルの面接を実施し、Regular Classとのクラス分けを行う)
学年 中学3年生、高校1年生

[ 授業構成 ]

  文法・読解中心の授業 PET対応の授業
授業時間数 週3時間 週3時間
教員 日本人教員 ネイティブ教員
学習内容 英語教科書『NEW TREASURE』を用いた、文法や読解を中心とした授業 ケンブリッジ英検PETの受験を通し、英語のコミュニケーション力向上を目指す授業

かえつ有明中高の筒井美帆先生は、Advanced Classが成立している理由として、『NEW TREASURE Stage2』までを中学2年生までに終了しており、中学範囲の文法を一通り学習している点を挙げられています。基礎力を固めた上で、英語の運用力、コミュニケーション力を伸ばすためにケンブリッジ英検をうまく活用されています。

先生方へ

基盤学力総合研究所では、学校など団体でお申し込みを行う受験を受け付けています。
下記にお気軽にご連絡ください。

株式会社 基盤学力総合研究所
TEL:055-976-9183
受付時間:月~金曜日 10:00~17:00(祝日、年末年始を除く)