セミナー・研究報告 Seminar

UPDATE : 2017.04.18

基盤学力総合研究所・学び教育フォーラム共催 第1回大学支援セミナー(大阪)開催のお知らせ

【大学教職員の方対象】第1回大学支援セミナー(大阪)

『指導と評価の一体化』
~大学生の日本語運用能力と問題解決力をどう評価し、育成するか~


技術革新の著しい昨今、AI(人工知能)の進化がニュース等で話題になることが多くなりました。並行して、これからの人間に求められるのは、感性を豊かに働かせながら社会や人生の目的を自ら考え出し、目的の障壁となる課題を他者とコミュニケーション、コラボレーションすることで解決する力ではないかという議論が、教育現場では起こっています。このような力の礎となるのが、豊かな表現を可能にする母語=日本語の力であることは言うまでもありません。
今回のセミナーの第1部では、大阪成蹊大学芸術学部の福本章先生にご講演をいただきます。大阪成蹊大学の初年次教育では学習成果の可視化と質保証に力を入れています。Z会国語力検定を入学時に受験し、その評価をもとに日本語を運用するための技能が初年次教育を通じてどのように変化するのかについて検証することで、カリキュラムの改善を行ってきました。では、どのようなカリキュラム体制を構築し、どのような運営改善を行ってきたのでしょうか。
第2部の前半では、大阪を中心に「自ら学び、自ら成長する」ための研究と実践を続ける「学び教育フォーラム」より、フォーラムの主旨と実践事例についてお話いたします。また、後半では基盤学力総合研究所の瀬戸より、今年度よりリリースした「課題発見・解決能力テスト」の設計、開発についてお話いたします。


 

■日時:5月14日(日) 13:00~16:30 ※受付開始 12:30

 

■当日のプログラム
・第1部 13:10~14:20

大阪成蹊大学芸術学部・学修成果の可視化と質保証の取組
~どのような評価をもとに、どのように改善を行ったか~
【講師】福本 章 先生 大阪成蹊大学芸術学部 准教授/ラーニングコモンズ副センター長

 

≪福本先生のプロフィール≫

大手生命保険会社総合職、専門学校の統括部長−理事を経て、2015年より現職。専門分野は、組織経営、組織行動学、人的資源管理、人材マネジメント、キャリア理論。大阪成蹊大学では高等教育研究所主任研究員、芸術学部・キャリア教育委員長も務める。著書に「アクティブ・ラーニングで学ぶ―キャリア・デザイン―就活編」(第一共著者・学術研究出版)など。本セミナーでご紹介する取り組みは大阪成蹊大学紀要第3号「大阪成蹊大学芸術学部における初年次教育から始まる質保証の考察―“読む・書く・聞く・話す”能力を育む教育プログラムに関する学修成果の可視化への取組み―」(第一共著者)に詳述された事例。

 

・事例報告~株式会社Z会 営業部ソリューション営業課 大学・法人担当 14:20~14:35

 

・第2部 14:50~16:00

学生の問題解決力を評価・育成する

~授業における研究・実践と、評価への新しい試み~

 

事例①:「学び教育」の実践を目指して

~ 学び教育フォーラム ・その活動と実践事例の報告~

≪学び教育フォーラムのプロフィール≫

教師が「教え授ける」教育から、学生が「自ら学び、自ら成長する」教育への移行を目指す、教育者たちの組織。大局的視点を忘れずに、科学的な思考力と生涯自己学習能力を持ち、自立的に行動のできる人間育成こそが必要と考え、学生の「学び」に重点を置く教育へのシフトを実現するために活動を行っている。

学び教育フォーラムのHPはこちら

 

事例②:問題解決力を測定・育成するコンテンツ開発

~能力を引き出す「問い」とその評価の研究・実践~

瀬戸 裕一郎 株式会社基盤学力総合研究所 研究開発課 資質・能力担当 主任

・意見交換会 16:00~16:30

 

■会場:
大阪大学中之島センター 2階 講義室201

会場へのアクセス

京阪中之島線 中之島駅より 徒歩約5分
阪神本線 福島駅より 徒歩約9分
JR東西線 新福島駅より 徒歩約9分

 

■お申し込み

・本セミナーへの参加をご希望の方は、こちらのお申し込みフォームよりお申し込みください(無料・要申込)。

・お申込締切:5月8日(月) ※定員(40名予定)になり次第、お申込締切とさせていただきます。

・教職員の方のみお申込を受け付けます。また、当日の参加受付は行いません。

 

■本セミナーに関するお問い合わせ

株式会社基盤学力総合研究所

055-976-9129

z-global@zkai.co.jp

お知らせ一覧に戻る